自分で自動車の板金塗装をする際の注意点

自動車を注意深く運転していても、つい傷つけてしまうことはよくあることです。傷がつくととてもショックですし、どうしたら良いのかと慌ててしまうかもしれません。小さな傷であれば、とりあえずタッチペイントを買ってきて塗れば、見栄えは少し良くなります。錆を防止する効果もあるのでおすすめです。ただ、いかにも傷を自分で補修しましたという跡が分かってしまうので、気になる人はとても気になることでしょう。なぜ跡が残ってしまうのかと言えば、2つ理由があります。一つは段差が埋められてないからです。もう一つは同色の塗料を買ってきても、色合いが周囲と異なるからです。特にパールやメタリック系は難しいです。そこで自動車の傷を自分で板金塗装する際の注意点について解説します。

段差を無くしてから塗装すること

傷がついてしまった場合、必ずへこみや段差ができます。わずか1㎜程度の段差でも目立ってしまうので、まずはこれを何とかしなければなりません。段差を塗料で埋めることはできません。段差は専用のパテを買ってきて少しずつ埋め込んでいきます。パテは粘土のようなもので、誰でも簡単にヘこみや段差を埋めることができます。少し多めに盛って、後から紙やすりで削って平らにすると綺麗です。色合いの違いについては、板金塗装工場では色の調合を行いますが、自分では修理する場合はそれができませんので、少しでも色合いが似ている塗料を選んで塗るほか、ぼかし塗装を行うと多少ごまかすことができます。しかし、完璧に周囲の色と合わせることはプロでもなかなか難しいことですから、ましてや素人が限られた道具で行うは無理です。ある程度で妥協するしかありません。

完璧に傷跡を綺麗にしたいのなら

自動車の傷を自分で直した場合、費用を安く抑えることができますが、しかし傷跡はどうしても残ってしまいます。まだこれからも長く乗り続けるつもりなら、やはり綺麗な状態でないと運転していても気持ちが滅入るものです。また材料費も意外と高く、また塗料などはたくさん残ってしまうので勿体ないです。もし、傷跡を完璧に消したいということであれば、板金塗装工場で修理をお願いするのが一番確かです。費用を少しでも安く抑えたいのなら、複数の工場を回って見積もりをとって比較してみると良いでしょう。工場によってかなり差がでます。ディーラーを基準にして、民間修理工場や板金塗装専門のお店を回ってみることをおすすめします。フレームが歪むほどの状態でない限り、目が飛び出るほど高額になることはありません。