日本の法律とその種類

法律の種類はかなりたくさんある

法律相談は産業に詳しい人へ

国会が制定している法律の種類は非常にたくさんあり、そのすべてを把握しているという人は、弁護士でも数少ないでしょう。その携わっている産業の種別に応じて、必要とされる法令や例規には違いがあるので、企業が直面している法的な問題に精通している専門家を探して相談したほうが、より解決が早くり、適切な解決方法をアドバイスしてもらえることが期待できます。法律問題に詳しい専門家でもその産業分野のことを知らないと、適切な解決方法を導くことが難しいことがあるので、その分野の知識が深い弁護士を紹介してもらったほうが安心です。

日々の暮らしで欠かせない存在

法律とは、広い意味では法という言葉と同じように使用されていますが、日本では、国会での衆参両院での議決を経て、成立した決まりごとを指すのが一般的です。成文法と言っても良いでしょう。その他の、憲法や規則、そして命令などとは区別され、形式的には、憲法、それから条約に次いで効力を発揮します。その種類は、現在では1,900を超えるほども存在しています。このように、国民を代表している立法機関で決定される形式は、民主主義的な法治国家にとっては、最も大切な法の形式です。また、法律は私たちが日々暮らすうえで、欠かせない存在でもあります。

↑PAGE TOP