法律・法令の種類は?

刑事や民事の法律に詳しい専門家

法律の専門家に困ったら相談する

法律には様々な種類があり、代表的なものとしては、刑法や民法、刑事訴訟法や民事訴訟法などがあります。弁護士の資格を持っている専門課はこれらの内容をしっかりと勉強しており、難しい試験に合格しているので、問題が行った時などに相談することができます。特に、トラブルなどが発生した時などには、民事的な問題だけではなく刑法の知識を持っている専門家からアドバイスを貰える方が、様々な視点から解決方法を提案してもらうことができます。法律の専門家は、その趣旨を理解し、日常生活において解決するための運用方法なども詳しいので、困った時には積極的に相談したほうが良いでしょう。

日本の現在の法令数は

日本の法律は総務省行政管理局が把握・管理しており平成29年2月現在で1966もの法令数があります。国会の議決を経て制定される法律の他に内閣の制定する命令である政令や内閣総理大臣が内閣府の長として発する府令、各省大臣が命令を発する省令等があります。政令は2157、府令・省令は3758の法令数があります。他にも閣令や規則等がありデータにのせているだけでも8305の法令があります。このデータにのっていても現在有効なものが全て網羅されているわけではなく種類が正しくいくつあるかは細かく把握しきれないのが現状です。

↑PAGE TOP