日本の法律の種類について

法律は社会を映すのです

法律の条文は意外に魅力的です

自由な社会は多面的で、放って置けば権利が衝突してしまいます。この衝突を解決するために法律があります。逆から考えると、法律に基づく国は、国民に自由な権利を保障しているともいえます。権利の衝突には個人と個人、個人と会社、会社と会社そして国や行政に対するものまであります。これらを未然に防がなければなりません。そのためには、世の中の変化に応じた様々な種類の条文が必要になります。つまり条文を読むと世の中の変化や仕組みが分るのです。知らなかった社会に触れられる。堅苦しく感じられる条文ですが、読んでみると意外な魅力があるのです。

生活のルールの基本は六法で

法治国家である日本には、いろいろな場合の出来事などを想定して、さまざまな種類の法律が存在します。基本的な六法全書の中身だけでも、憲法、民法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、商法に分類されています。内容は複雑多岐にわたっているため、単純にこういったものがあると列挙するのは難しいといえます。主な法律に付随して関連法があったり、また必要に応じて、新たにたくさんの法が立法機関において作られているからです。そこで、どうしても分類が必要であるのであれば、基本としては六法を覚えていれば良いのではないでしょうか。

↑PAGE TOP